子どもたちの睡眠に注意しましょう

6歳から12歳まで、子供は一晩に9時間から12時間の睡眠が必要だと言われています。

良い睡眠は、子供たちの免疫系を強化し、集中力を高め、大人になったときに糖尿病や高血圧の可能性が低くなります。

子供が十分な睡眠を得ているのを確認するため、兆候がいくつかあります。例えば、もし朝はつらく起きたり、集中力ができなくなり、または普通より病気になったり場合は、睡眠が足りないという可能性が高いです。

子供をリラックスするため、一緒に本を読んだり、子どもに玄神を飲ませたりすることがおすすめです。

コメントを残す

コメントは承認され次第、表示されます。