供TOMO(トモ)は日本の「神饌」をイメージしたブランドです。

Notre objectif: transmettre la culture de l'offrande japonaise

供TOMOから初のスキンケア商品

Le sérum Cocon Doré sera disponible à partir du 28 juin!

Merci de votre fidélité !

Vos avis sur nos produits

どちらも満足感があるので、少しづつ食べて、ながく楽しめる

どちらも満足感があるので、少しづつ食べて、ながく楽しめる

初めて聞く黒豆のグラッセ。届く前から楽しみにしていました。まず届いた商品を見てみるとおしゃれなパッケージです。高級感のあるパッケージに期待が高まります。サンプルでつけていただいていた『玄米コーヒー』と一緒にお茶の時間にいただいてみました。まず、黒豆グラッセをいただいてみました。口にいれると煮豆...

Voir plus
上品な甘さで満足感があります!

上品な甘さで満足感があります!

まずパッケージが可愛くて、持ち運びにも便利なサイズ感なのが嬉しい!「グラッセ」ときいて、砂糖などでべたついて甘いイメージをしていたのですが実際は手に取って食べても手が汚れず食べやすい、そして甘さも控えめで上品な味わい。黒豆本来の甘さが美味しいです。抹茶の方は、しっかり抹茶の味がして少し苦味があ...

Voir plus
黒豆の素材のお味がしっかり楽しめます。

黒豆の素材のお味がしっかり楽しめます。

まず、TOMO様のコンセプトが良いですね。【自然との共存】自然の恵みをいただき感謝しながら生きる。日本では古来から根付いていた思想ですが、その思いが商品にいきています。最近は飽食時代になり忘れがちになりましたが、私もこちらのお品に出会い改めて、感謝の気持ちを持って食べよう!と思えました。お味の...

Voir plus

Nos articles sur le Shinto et les sanctuaires

「鏡の神様」鏡作坐天照御魂神社(かがみつくりにますあまてるみたまじんじゃ)

「鏡の神様」鏡作坐天照御魂神社(かがみつくりにますあまてるみたまじんじゃ)

鏡作坐天照御魂神社(かがみつくりにますあまてるみたまじんじゃ)は通称、鏡作神社(かがみつくりじんじゃ)と呼ばれています。 鏡作神社は天照大神が岩戸に隠れてしまわれた時に、岩戸から出てくるきっかけになった八咫鏡(やたのかがみ)を作ったと伝わる神様、石凝姥命(いしこりどめのみこと) 天照国照日子火...

Voir plus
「いくたまさん」生国魂神社と上方落語

「いくたまさん」生国魂神社と上方落語

大阪市天王寺区に「いくたまさん」として大阪庶民に愛される、生国魂神社(いくくにたまじんじゃ)が鎮座しています。 今回はこの神社の概要と、縁結びのご利益を求めて若い女性が多数参拝する境内末社の鴫野神社(しぎのじんじゃ)、そして上方落語の祖と称される米澤彦八(よねざわひこはち)と「彦八まつり」につ...

Voir plus
御神酒(おみき)とは

御神酒(おみき)とは

神様にお供えし、ご神霊が宿った清酒を「御神酒(おみき)」と呼びます。お米を神聖なものとして扱う、日本ならではの素敵な風習を紐解いてみましょう。神社において神饌は大切なものです。神饌は、「しんせん」のほかに「御饌(みけ)」とも呼ばれます。神饌には、大きく分けると生のままお供えする「生饌(せいせん...

Voir plus