神様のごはん【神饌(しんせん)】のお話

神様のごはん【神饌(しんせん)】のお話

神様に献上する供物を神饌と呼びます。いわば「神様の食事」です。主食のお米をはじめ、お餅、お酒、お塩、お水を基本として、季節の恵みである海の幸、山の幸、その季節に集まる最上のごちそうを集めて献上します。さらに、身を清めた神職によって古くからの供え方・作り方をできる限り守り、真心をこめて丁寧に調理...

Voir plus
神社巡り | 古代信仰が残る、日本でも最古の神社~三輪山・大神神社〜

神社巡り | 古代信仰が残る、日本でも最古の神社~三輪山・大神神社〜

大神神社(おおみわじんじゃ)には神社で重要な本殿がなく、背後にある「三輪山(別名、みむろやま)」そのものをご神体とし、神聖視する日本古来からの神道の形を残しています。正式な神社名は「大神神社」ですが、地元の方に「みわさん」「三輪の明神さん」の名で親しまれています。神話にも登場し、日本最古の神社...

Voir plus
神社巡り | 伊豆大島の三原神社は神秘的なパワースポット!

神社巡り | 伊豆大島の三原神社は神秘的なパワースポット!

1986年に、三原山は全島民が避難を強いられることとなる噴火を起こています。その際に流れ出た溶岩流は、不思議なことに山頂の社殿を避けるように流れを変え、社殿すれすれをかすめていきました。今でも間近に迫った溶岩流の流れをうかがい知ることができ、神秘的なパワーを感じる神社です。三原神社は伊豆大島の...

Voir plus
改めて知りたい「【神道】ってなんだろう?」(後編)

改めて知りたい「【神道】ってなんだろう?」(後編)

日本では地震、津波、台風といった災害が多いため、自然は恐怖の対象でであり、人間の力では抗いきれない大きな力があると考え、大変恐れられてきました。今より科学が未発達だった時代であればそういった感情が強かったのも仕方ないかもしれません。この自然の大きな力=神の怒りだと考え、崇められるように自分たち...

Voir plus
改めて知りたい「【神道】ってなんだろう?」(前編)

改めて知りたい「【神道】ってなんだろう?」(前編)

はじめまして。奈良在住の半農半フリーライター、菊入みさと申します。生まれは新潟ですが、古都、奈良に住み始めてから「神社」の魅力に取り憑かれた私…。心の赴くまま、たくさんの神社に足を運ぶようになりました。ここで「神社」をより楽しむための豆知識や魅力を少しずつ綴っていこうと思います。読み終わった後...

Voir plus
神社巡り | 神田明神(かんだみょうじん)

神社巡り | 神田明神(かんだみょうじん)

正式名称は神田神社(かんだじんじゃ)。天平2年(730)創建と伝えられています。江戸時代には幕府の崇敬する神社となり、「江戸総鎮守」として篤く信仰されました。現在も東京の中心(神田、日本橋など)108町会の総氏神様として「明神さま」の名で親しまれています。総朱漆塗の社殿は、昭和9年に竣工されま...

Voir plus
神社巡り | 鹿島神宮(かしまじんぐう)

神社巡り | 鹿島神宮(かしまじんぐう)

「日本三大神宮」をご存知ですか? 現在、神宮と名の付く神社は日本に24社あります。しかし、平安時代から神宮と呼ばれていたのは『伊勢神宮』『鹿島神宮』『香取神宮』の三社だけなんです。この三社を「日本三大神宮」と呼びますが、このうちの2つが関東にあるというのは、ちょっと意外ですね。 さて、その「日...

Voir plus