供TOMO(トモ)は日本の「神饌」をイメージしたブランドです。

Notre objectif: transmettre la culture de l'offrande japonaise

供TOMOから初のスキンケア商品

「脱ファンデーション」のためのセラム

お客様の声

どちらも満足感があるので、少しづつ食べて、ながく楽しめる

どちらも満足感があるので、少しづつ食べて、ながく楽しめる

初めて聞く黒豆のグラッセ。届く前から楽しみにしていました。まず届いた商品を見てみるとおしゃれなパッケージです。高級感のあるパッケージに期待が高まります。サンプルでつけていただいていた『玄米コーヒー』と一緒にお茶の時間にいただいてみました。まず、黒豆グラッセをいただいてみました。口にいれると煮豆...

もっと読む
上品な甘さで満足感があります!

上品な甘さで満足感があります!

まずパッケージが可愛くて、持ち運びにも便利なサイズ感なのが嬉しい!「グラッセ」ときいて、砂糖などでべたついて甘いイメージをしていたのですが実際は手に取って食べても手が汚れず食べやすい、そして甘さも控えめで上品な味わい。黒豆本来の甘さが美味しいです。抹茶の方は、しっかり抹茶の味がして少し苦味があ...

もっと読む
黒豆の素材のお味がしっかり楽しめます。

黒豆の素材のお味がしっかり楽しめます。

まず、TOMO様のコンセプトが良いですね。【自然との共存】自然の恵みをいただき感謝しながら生きる。日本では古来から根付いていた思想ですが、その思いが商品にいきています。最近は飽食時代になり忘れがちになりましたが、私もこちらのお品に出会い改めて、感謝の気持ちを持って食べよう!と思えました。お味の...

もっと読む

神社・神道ブログ記事

【リハビリの神様】葛原八幡神社(くずはらはちまんじんじゃ)|神社めぐり

【リハビリの神様】葛原八幡神社(くずはらはちまんじんじゃ)|神社めぐり

北九州市小倉南区の足立山の麓に鎮座する、葛原八幡神社。和気清麻呂公の御事蹟に由来する足立伝説があり、リハビリの神様として親しまれています。今回は、和気清麻呂公のゆかりの地である「葛原八幡神社」をご紹介します。葛原八幡神社の創立は、和気清麻呂公の御事蹟に由来するものです。神護慶雲年間(今から1,...

もっと読む
ならまちの御霊神社(ごりょうじんじゃ)、庚申堂(こうしんどう)と元興寺(がんごうじ)| 神社めぐり

ならまちの御霊神社(ごりょうじんじゃ)、庚申堂(こうしんどう)と元興寺(がんごうじ)| 神社めぐり

奈良の旧市街地、ならまちにある御霊(ごりょう)神社は、奈良時代には広大な境内を持つ大寺であった、元興寺の南門があった辺りに祀られています。この御霊神社は桓武(かんむ)皇の勅命により創祀された神社で、主祭神は光仁(こうにん)天皇の皇后の井上(いがみ)皇后です。井上皇后は、天皇を呪詛したとのあらぬ...

もっと読む
「鏡の神様」鏡作坐天照御魂神社(かがみつくりにますあまてるみたまじんじゃ)| 神社めぐり

「鏡の神様」鏡作坐天照御魂神社(かがみつくりにますあまてるみたまじんじゃ)| 神社めぐり

鏡作坐天照御魂神社(かがみつくりにますあまてるみたまじんじゃ)は通称、鏡作神社(かがみつくりじんじゃ)と呼ばれています。 鏡作神社は天照大神が岩戸に隠れてしまわれた時に、岩戸から出てくるきっかけになった八咫鏡(やたのかがみ)を作ったと伝わる神様、石凝姥命(いしこりどめのみこと) 天照国照日子火...

もっと読む

メディア掲載実績

詳細はこちら