伝説にあやかって素敵な七夕を!

伝説にあやかって素敵な七夕を!

7月7日は七夕(たなばた)です。五節句(正月7日:人日(じんじつ)、 3月3日:上巳(じょうし)、 5月5日:端午(たんご)、7月7日:七夕(しちせき)、9月9日:重陽(ちょうよう)のひとつで、笹飾りとお供え物をして、夜空の星に祈りを捧げます。中国には、天帝の娘「織女(しょくじょ)」と牛飼いの...

もっと読む
お中元の由来と風習

お中元の由来と風習

お中元は、中国の「三元論」が起源。中国では旧暦の1月、7月、10月の15日をそれぞれ「上元」「中元」「下元」と言い、季節の変わり目を祝うために神様に食物をお供えして人々をもてなす日とされていました。特に7月15日の「中元」は、罪を懺悔する日として、贖罪の意味で近所に品物を贈る習慣があったそうで...

もっと読む
父の日に、感謝のバラの花束を

父の日に、感謝のバラの花束を

5月の第2日曜日は「母の日」。お母さんは身近で話しやすいし気軽にプレゼントできるけど、お父さんはちょっと・・・と、お父さんとの距離を感じている方もいらっしゃるかもしれません。お母さんと比べると、お父さんと一緒にいる時間が少ないというケースが多いと思います。 でも、毎日家族のために懸命に働いてく...

もっと読む
ギフトに、季節の花「誕生花」を送りませんか?

ギフトに、季節の花「誕生花」を送りませんか?

このところコロナ禍の影響で、屋外で活動することが少なくなった方が多いのではないでしょうか。屋外だと換気の心配はありませんが、観光地やデイキャンプ、BBQ場などは休日混み合うので、閉鎖されてしまうところもありますね。しかし自然に目を向けると、四季折々の花が咲き、いつも私たちの心を和ませてくれます...

もっと読む
供TOMO 母の日 ブログ ギフト

感謝のことばを伝える「母の日」

身近にいてくれても、面と向かっては言えない。あるいは遠方だから最近は顔を見ることも難しい・・・という状況でなかなか伝えられない、お母さんへの「ありがとう」の言葉。でも、言葉にしなくては伝わらないことがあります。「母の日」には思い切って言葉にしてみませんか?1908年の5月、アメリカ・ウェストヴ...

もっと読む
端午の節句 いつ 供TOMOブログ

「端午の節句」のお祝い

「端午の節句」は男の子の健やかな成長を願う行事で「菖蒲(しょうぶ)の節句」とも呼ばれています。毎年5月5日行われる、五節句の一つです。端午の節句は、6世紀にまでさかのぼり、中国古来の伝統を応用して朝廷で祝われていました。元々は夏の始まりや梅雨を意味していたこの祭りは様々な形をしており、歴史の中...

もっと読む
日本の美のシンボル「桜」の語源と花見の歴史

日本の美のシンボル「桜」の語源と花見の歴史

日本の美の象徴であり、日本のエンブレムとしても頻繁に使用されている「桜」の花。桜が咲く時期になると、その花の姿とピンク色の風景が人々を魅了します。 日本人にとって桜はポピュラーすぎて、実はあまり桜のことを深く知らない・・・という方!お花見の時期にお友達に伝えるとちょっと驚かれるような、おもしろ...

もっと読む
春の彼岸の中日「春分の日」

春の彼岸の中日「春分の日」

太陽の動きに関するイベントは、世界中の多くの国で重要視されています。なので「昼と夜の時間が同じ」とされる春分の日が日本で重要視されてきたことは、驚くべきことではありません。彼岸に死者を供養する習慣は古代中国から伝わり、日本で今に続いています。また農民が神に豊作を祈る日でもありました。 明治時代...

もっと読む
供TOMO・ひな祭りの由来とは(優しい日本語)

ひな祭りのお祝い

「ひな祭り」は女の子の健やかな成長を願う行事で「桃の節句」とも呼ばれています。毎年3月3日に行われる、五節句の一つです。「ひな祭り」の表現は、平安時代(794-1192)に貴族の女の子に人気の遊び「ひいなあそび」から来ています。「桃の節句」と呼ばれる理由は二つあって、一つは3月は桃の花が咲く頃...

もっと読む